2012年04月22日

フランソワ・ケヴォーキアン

マルコム・マクラーレンが Sex Pistolsの受けた悪意あるレビューについて指摘していたように

どんな記事でも出版されたら書かれた側の利益になるし

たとえ嫌われていても人々の関心を引き付けていることを表している

間違いなく無関心が一番の恐怖だ。


posted by kauhi at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | めいげん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。